ダイエットを成功させるために、まずは「おやつ」に対処しよう!

ダイエットを継続している私がオススメする本の1冊である「やせる生活」から、ダイエットを始める時に一番最初に着手すべきことの記事についてご紹介します。

ダイエットに関する知識を高めたいけど「本を読む時間がないよー」という方に、実際に私がダイエットをした際に、役にたった内容を少しづつ発信していこうと思います。

 

 

おやつ問題を解決しよう

ヘルニア ダイエット

「やせる生活」の本はいくつかの章に分かれています、その中で「食べ方を変える」の章で一番最初に提言されているのが、おやつ問題を解決しようです。

ダイエットを始めると、まず、食事に気持ちが行きがちです。「炭水化物は・・・」とか「食事の量は・・・」とか、ついには「朝食を食べないほうが・・」とかということに気持ちが行きがちです。

でも、食事をいくら制限しても、食事+「おやつ」を食べていたのでは、痩せられません。その理由は次の通りです。

 

血糖値が下がらない

食事を取ると血糖値が上昇します。おやつについても基本的には血糖値が高くなります。

ご飯を食べて血糖値が上がり、下がる前におやつを食べてまた血糖値が上がるという繰り返しでは、血糖値が下がる暇がありません。

血糖値が上がると、血糖値を下げようとインスリンが分泌されますが、過剰に分泌されたインスリンは脂肪となり体に蓄積されます。

また、血糖値が高い状態が続くと、糖尿病を発症しやすくなるようです。

 

おすすめ広告

クセになる

先ほど血糖値が上昇する話をしましたが、毎日同じ時間におやつを食べて血糖値が上がると、それを体が覚えてしまうらしいのです。

「おーい、そろそろ血糖値をあげる時間じゃないのー」と言った感じです。

そうすると脳が「空腹」を感じさせ、おやつを食べることを促してくるようになります。

もう、パブロフの犬状態ですよね。時間になると、ゴソゴソと引き出しを開けておやつを食べてしまう状態の人は、おやつ生活が染み付いてしまっているということですね。

私も気づけば冷蔵庫を開けてしまうタイプで、よく母に「用事がないのに冷蔵庫を開けない!」と言われていました。

今考えれば、子供の頃から太る素質があったのですね。

 

 

まとめ

ダイエット おすすめ 本

今日は私がオススメする本の中の一部を紹介しました。

ダイエットを始める上で、まず最初に着手しなければならないのが「おやつ問題」です。

量を減らせばいいんじゃないのーとか果物ならばいいんじゃないのーとか考えてしまいますが、本の中で先生はどちらもダメだど断言しています。

本来、おやつは特別なものです。

旅先で食べる初めて食べるスイーツや、記念日に食べるケーキなどを想像してください。その特別感こそが本来のおやつの存在なのです。

ダイエットを始める時には、食事の量や質に目が行きがちですが、まずは「おやつを特別なもの」に変えることから始めるのが良さそうです。

 

また、おすすめの本から役立つ情報を発信していきますね!

ではまた!!

 

 

ブログ村「ダイエット100kg超部門」で「1位を獲得」しています。
↓↓↓↓応援ポチお願いします!!

 

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
最新情報をチェックしよう!