life

自転車通勤。どんな自転車で通勤すれば良いのか

  • 2020年9月23日
  • 2020年10月8日
  • 雑記
  • 3view

コロナで体重増加してしまった

コロナ禍で体重が増えてしまった人も多いと思います。私もただでさえデブっているのに、コロナでさらに増加していましました。

理由としては
✅日常生活における運動量が減った
✅テレワークしながら間食する
✅テレワーク終了後からダラダラと飲み始めるため、飲んでいる時間と量が増えた
料理を始めたが、分量がよくわからず多く作りすぎる。しかも全部食べる。
が挙げられます。

通勤では徒歩30分+電車10分と少ない運動量であるものの、片道200〜300kcalは消費していた。これがなくなった。また、会社では周囲の目もあり間食を控えていたが、人目を気にせず食べるため、摂取カロリーが増えた。

摂取カロリーが増え消費カロリーが減ったのだから、体重は増えるに決まってます。

自転車通勤を考える

私は昨年からロードバイクなるものを始めた。太っているためランニングなどの膝にきそうな運動は抵抗があるため、自転車を始めた。自転車はロードバイクで長距離を旅する本格的なものから、ミニベロで街中をポタリングするオシャレな乗り方まで様々な乗り方がある。きっと誰でもあう乗り方がある、魅力的な乗り物だと感じている。

妻もクロスバイクを持っているのだが、コロナ禍にあっては、私が通勤用として使わせてもらっていた。

3密を回避できる
乗り物料金がかからない(電車代が浮く)
何より運動となり痩せる(可能性がある)

このようなメリットを考えると、自転車通勤はおすすめである

おすすめ広告

どんな自転車がいいの?

ママチャリ
職場が相当近ければ良いが、感覚的に5kmを超えるときつい。
電動ママチャリならばもっと遠くまで行けると思うが、お父さんが終日自転車を独占するのは、難しいのではないだろうか。

ミニベロ
折りたたみなどができる小径車のことである。意外と軽くスピードもでる。土日に家族でポタリングすることも考えると、「あり」だと思う。

ロードバイク
私も通勤に考えたのだが、職場まで10kmもないし車通りが多いところや路地を走ることもあるため、通勤には不向きだと感じる。また、カゴとかがついていないため、帰りにちょっと買い物する際も不便を感じる。

マウンテンバイク
オフロード用のタイヤがついている場合は、接地抵抗が大きいため重く感じるようだ。タイヤを交換することで解消できるが、わざわざそこまでするなら違う自転車を選びたい。

クロスバイク
通勤最強。軽いし早いし、カゴもつけやすので買い物にも行けるし、文句なし。普通の自転車よりはちょっとお高いが毎日乗ることを考えればコスパ良しと考える。

クロスバイク(e-バイク)
クロスバイクの電動付き自転車である。坂道などもスイスイ登れ、多少通勤距離が長くても行けそう。ただ価格が20万以上とかなりお高め。給付金を投入しても手出し10万が必要となる。

まとめ

個人的にはロードで通いたいところですが、街乗りが主であることと帰りの買い物などを考えるとクロスバイク、ミニベロが通勤に向いている自転車だと思います。

最近なんとかイーツの普及もあり自転車事故が多発しています。
警視庁のHPによると自転車が関係する事故が事故全体の約4割。また全負傷者の約3割が自転車に乗っていた人のようです。

個人賠償保険に加入
損害補償に加入
ヘルメットを装着する

これを徹底し、快適・安全な自転車通勤を実現しましょう。

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
life
最新情報をチェックしよう!