ダイエット 成功

キリの良い数字で体重が減らなくなる不思議な理由

みなさん、ダイエットを続けていると、始めは順調に体重が減ってきたのに、ある一定のところまでくると体重が減らなくなる経験はありませんか?

しかも、それは○0kgや○5kgなど、5キロ単位で「壁」を感じませんか?

 

私も100kgからダイエット始めたのですが、90kg付近で立ち止まり、今また85kg付近で立ち止まっています。

 

同じようにダイエットを続けているのに、なぜこのようなことが起こるのか不思議でした。

 

やせる生活

オススメの本

そんな疑問を持ってダイエットを続けていましたが、その答えがこの本にありました。

肥満治療専門 北星クリニック理事長 島野雄実先生が書いた「やせる生活」です。
この本では楽しく続けられるダイエット方法を身につけて、前向きで明るく充実した人生を送りたいと考えている人は必ず読んだほうが良い本です。
この本は、これまでダイエットがうまくいかなかった原因をしっかり把握し、ダイエットを頑張るのではなく日常生活の一部として取り入れる方法を解説しています。
ぜひ読んでみてください。
おすすめ広告

体重が減らない謎

さて、体重が減らない「減量の壁」がなぜ5kg単位に来るかに話を戻します。

先生はこうおっしゃっています。

 

「60キロ」「65キロ」などキリのいい数字になるとほっとしてしまうのです。

 

えっ?それだけですか?と思うかもしれません。私も最初はそんなわけないと思いました。

しかし、自分のダイエットの目標設定を見ると見事に5キロ単位で設定しています。

証拠はこちらの記事をどうぞ・・

関連記事

100kgを超えた私がダイエットを始めて5ヶ月が経ちました。 10月に95kgだった体重が、今は85kgまで落ちました。 とは言ってもまだまだデブなので、継続してダイエットは続けていこうと[…]

 

しかも、目標を達成したときのモチベーションを思い出してみると、

目標達成 →  今日も目標に近づいた!やった!
目標達成 → 今日も太っていない。よかった。

となっていることに気づきました。

目標達成前は「体重が減っていればOK」だったのに、達成後は「体重が増えていないOK」に意識が変わっていたのです。

また、5キロ単位でのマイルストーンを達成することで、「ちょっとくらいならお菓子を食べてもいいや」など、多少の気の緩みが出ていたのかもしれません。

 

このことからもわかるように、5キロの壁は自分で作ってしまっていたんだと実感しました。

 

さすが、肥満治療専門 北星クリニックの理事長です。なんでもお見通しというわけです。

 

本の構成

先ほど私が紹介した「肥満治療専門 北星クリニック理事長 島野雄実先生」が書いた本、「やせる生活」ですが、次のような構成です。

・第一章 私たちが太る、そして痩せられない理由
・第二章 これまでと「やせ方」を変える
・第三章 「やせる生活」の始め方
・第四章 「食べ方」を変える
・第五章 量から質の生活へ
・第六章 よく寄せられる質問に答えました

 

これまでやってきたダイエットの失敗の本質や、これからダイエット始めて、しかも継続するための方法とマインドについて書かれています。

 

私も○○ダイエットと呼ばれるものに何度もチャレンジし挫折してきました。

しかし、この本を読んでマインドを変え、食生活を変えることで100キロから84キロまでやせることができました。

 

少しづづですが、現在もダイエットを継続することができています。

 

これまで、たくさんのダイエットに挑み失敗してきたとしたら、一度はこの本を読んでみる価値はあると思います。

きっと、今度こそ成功させることができますよ。

 

 

ブログ村「ダイエット100kg超部門」で「1位を獲得」しています。
↓↓↓↓応援ポチお願いします!!

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
ダイエット 成功
最新情報をチェックしよう!