ヘナカラー おすすめ

ヘナカラーで白髪染めをやってみよう。自宅で簡単にできますよ!

  • 2021年3月17日
  • 2021年3月17日
  • 雑記
  • 17view

 

 

まっつ
ヘナを使って、1ヶ月に2回白髪染めをしています。きれいに染まりますよ。

 

月に2回程度、「ヘナ」と呼ばれる天然原料の染料を使って、妻の白髪染めをやっています。

 

天然由来の原料を使う事で、髪には艶が戻り、頭皮にも良いとされています。

 

そんなヘナを使ったカラーリングについて説明します。

 

ヘナってなぁに?

ヘナは、学術的にはこのミソハギ科の植物を指し、ヘナを配合した天然原料の白髪染めの総称を「ヘナ」と呼んでいるのが一般的なようです。古くはクレオパトラもヘンナで爪などを染め、現代で言うマニキュア代わりとして使用していたという、歴史ある染料です。

 

詳しくはこちらの記事を参聴ください

 

今回使ったヘナカラー

今回使ったヘナのカラーリング剤はこちら。

IPMのオーガニックヘナハーブです。

これには4種類のパウダーと説明書が同封されています。

毛染め4点セットも同封されています。

同封されているパウダーの効果について

リーフヘナパウダー
・トリートメント効果に優れている
・カラーリング効果(白髪をオレンジ系に染色)
・髪と頭皮に優しい
インディゴパウダー
・オレンジ色に発色した部分に乗せると赤みを抑えることができる
・髪に乗せている時間により、茶色から黒色まで発色させることができる
スパイスアーマラキーパウダー
・髪の成長を促進する
・ヘナの発色と色の安定を助ける
ハーバルブレンドパウダー
・頭皮、毛髪だけでなく、体全体のバランスを整える

 

調合方法

中に調合表が同封されています。自分の髪の毛にあった色を発色させることができます。

 

カラーリング手順

ヘナパックを作る

ブレンド表を参考に分量をボウルに入れます。よく粉を混ぜ、ぬるま湯を入れ泡立て器でなめらかなゆるいマヨネーズ状になるまで溶きます。

 

ヘナパックを塗る

素手またはコームブラシでヘナパックを髪全体につけたら、軽くなじませます

 

保温

タオルで包み、上から保湿キャップをかぶります。

わが家では直接サランラップを巻いて保湿しています。

 

洗髪

30分〜1時間放置した後に洗髪します。

※ヘナの成分が落ちてしまわないように、1〜2日はシャンプーやリンスを使わず、お湯だけで洗髪してください。

 

 

まとめ

白髪染で悩んでいる方は意外と多くいらっしゃいます。

店でやるとお金もかかるし、薬剤が多く入ってるので健康被害も心配です。

 

その点、ヘナカラーなら自宅で安くできますし、体にも良い素材を使っているので安心です。

きっと今までの倍の頻度で染めても、お釣りが来るくらいのコスパの良さですよ。

 

皆さんもぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

ではまた!

 

 

ヘナカラー おすすめ
最新情報をチェックしよう!