4D 鬼滅

シネマサンシャインで体感型シアター4DXを体験(鬼滅の刃 無限列車編)

  • 2021年1月4日
  • 2021年1月4日
  • 雑記
  • 60view
まっつ
池袋にあるシネマサンシャインで体感型シアター4DXを体験してきました。4DXの解説から行ってきた感想までまとめてみました。2Dと4DXで同じ映画を鑑賞しましたので、その比較についてもまとめています。
鬼滅ブームは我が家にも襲いかかり、妻から子供達まで毎日鬼滅の話で盛り上がっています。
映画は2Dをすでに鑑賞済みです。(私も鑑賞しています)
というと、私も熱狂的なファンかというと全然違います。
むしろ全然興味がありません。単行本も1冊も読んでいないあり様です。
息子が走るたびに唱えている「猪突猛進!」くらいしか知りません。。
そのため、本記事に鬼滅に関する感想は全くありませんのでご了承ください
✅4DXとは最先端の体感型シアターである
✅池袋グランドシネマサンシャインはとても綺麗だった
❌4DXはゆっくり映画を見られない(鬼滅は2Dがおすすめ)

4DXとは何か

✅4DXとは最先端の体感型シアターである
4Dと聞いてピンと来る方は少ないと思います。正直私は4D映画という単語を初めて聞きました。
2Dは平面で3Dは立体。4Dはその次なので・・・。わからない。
最先端の体感型シアター4DXは、前後左右や上下に動くモーションシートや水や風、香り、フラッシュなどの革新的なスペシャルエフェクトによって映画の様々なシーンとリアルタイムかつダイナミックに連動します。
3Dを遥かに超え、映画を「観る」から「体感する」ことに変えてしまう、五感を揺さぶる次世代の体感型プレミアムシアター
引用:シネマサンシャイン4DX特設サイトより
これまでは視覚と聴覚で観るものだった映画に、新しく嗅覚や触覚などの体感要素を取り入れたのが4D技術というわけです。
例えば嵐のシーンでは客席に霧や風が吹き付けたり、雷がなるシーンでは場内にフラッシュが焚かれる。
また、映画のシーンに合わせて煙や様々な匂いがします。アクションシーンでは、座席が前後左右や上下に揺れることで、まるで自分が映画の中にいるような気分を味わえます。
このように映画シーンを体感できるのが最先端の体感型シアター4DXというわけです。

池袋のグランドシネマサンシャイン

 

✅池袋シネマサンシャインはとても綺麗だった
2019年7月、池袋にオープン
1、2階が飲食。4〜6、8、10、12階が映画館
12スクリーン2443席
日本最大のIMAX巨大スクリーンが設置
おすすめ広告

ロビー

4D 鬼滅

ロビーはこんな感じです。

メインエントランスとなる4階は吹き抜けになっており、天井からはデジタルシャンデリアがぶら下がっています。

大きな球体オブジェに映像が映し出されていました。

広さはそれほど大きくないのですが、動線がしっかりと分けられており、混雑した印象は受けませんでした。

受付機

基本的には予約システムでチケットを予約して、携帯に送られてきたQRコードをかざして入場するシステムです。

写真のように発券することで紙のQRコードをもらうこともできます。

人がいる券売所は2窓程度しかありませんでした。

このシステムは特に目新しい所ありませんでした。

トイレ

個人的に公共トイレにとても興味があるもので、新しい建物に行くとついついトイレをのぞいてしまいます。

 

いやー、トイレは綺麗でした。

最低限といえばそれまでなのですが、おしゃれというか気品があるというか、とにかく映画を観る前にトイレを見て欲しいです。

ぜひ紹介したく、粘って粘って写真を撮りました!

雰囲気伝わりましたか?

シアター&フロアー

引用:シネマサンシャインHPより

各フロアはHPにもある通り、テーマに沿ったしつらえとなっていました。映画館というより迎賓館のような気品があります。調度品も使い心地がよく、壁には名作映画のポスターがズラリ並んでいます。

ぜひ、映画館に足を運んでみてください。

スクリーン

スクリーンはこんな感じです。

4DX専用シアターのためか、それほど大きくはありませんでした。

 

座席

座席はこんな感じ。

4座席が1セットで動くようになっています。

家族で行く際は座席わりに注意してくださいね。

 

座席間隔は普通の映画館より広め

トイレに立つ時も、「すみませーん」とペコペコ頭を下げて通る必要はありません。

 

4D装置(全面からの水、風用)

前席の背面にはこのような装置がついています。左が風が出る所。右が水の出る所です。

また、手元には水が出るのを止めるスイッチもついています。

結構な量の水がでる映画もあるらしく、女性などは調整が必要かもしれませんね。

ロッカー

スクリーン入り口にはロッカーも完備されています。

上映中は座席周りに何も置けないので、事前にロッカーにしまった方が良いです。

利用料は100円ですが帰りに返却されるので無料です。

 

2Dと4DXを比べてみて

✅4DXはゆっくり映画を見られない
今回、鬼滅の刃を観ました。すでに2Dは鑑賞ずみで今回が2回目になります。
椅子が揺れ照明がフラッシュし、風と水と煙による演出があることで、アトラクション的な要素はすごく感じます。
ここはディズニーか?を思わせるくらい、椅子が躍動しますww
しかーし、それが映画鑑賞に邪魔するんですよ。
ゆっくり観られないためストーリーが全然頭に入ってこないんですよ。
実際、○○さんが亡くなったシーンで、2Dでは劇場のいたるところからすすり泣く声が聞こえたのですが、4DXではそれほど聞こえませんでした。
ストーリーに集中できなかったのではないかと思われます。
鬼滅を見るなら2D、1択でしょう。
アクション映画やホラーものだとまた違った感想になるのかもしれません。

まとめ

✅4DXとは最先端の体感型シアターである
✅池袋グランドシネマサンシャインはとても綺麗だった
❌4DXはゆっくり映画を見られない(鬼滅は2Dがおすすめ)
最先端である4DXで映画を鑑賞してきました。
グランドシネマサンシャインは設備的に素晴らしく、映画以外にも見どころがあります。
家でのアマゾンプライムもいいのですが、映画館は格別ですね。
今回は鬼滅の刃を観てきたのですが、正直4DXの良さを活かせていない気がします。
今度は違うジャンルの映画で4DXを体験してみたいと思います。
皆様もぜひ4DX映画、体験してみてください!
今年は映画に「全集中!」だー
ではまた!!

 

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
4D 鬼滅
最新情報をチェックしよう!