【クリスマスまであと少し】家族で楽しみたいLEGOアドベントカレンダー

  • 2020年12月10日
  • 2020年12月31日
  • 雑記
  • 8view
まっつ
クリスマスまであと少しですが、家族で楽しめるイベントやってますか?うちでは毎年アドベントカレンダーを買って楽しんでいます。
今日はその中で特にオススメのLEGOのアドベントカレンダーを紹介します。

 

アドベントカレンダーのご紹介

アドベントカレンダーって何?

クリスマスイブまでの期間を楽しむカウントダウンカレンダー

そもそもアドベントカレンダーを知らない方もいらっしゃると思います。

実は私も3年前まではアドベントカレンダーという単語を知りませんでした。

アドベント (Advent)とはイエス・キリストの降誕を待ち望む期間(日本では待降節という)であり、クリスマスイブまでの約4週間のことを言います。

アドベントカレンダーはクリスマスイブまでの日数をカウントダウンするものだとイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

待降節は毎年変わるのですが、販売されている商品は待降節の期間とは関係なく、12月1日からクリスマスイブまでの期間カウントダウンして行くタイプのものがほとんどです。

アドベントカレンダーはクリスマスイブまでの期間を楽しむカウントダウンカレンダーですね。

おすすめ広告

アドベントカレンダーの楽しみ方

LEGOを組み立てるのも楽しいが、窓を開けるのも楽しい!

我が家で買っているアドベントカレンダーはこのようなLEGO社製のものを買っています。

大きなフタを開くと日付が入っていて、毎日小さな窓を開くタイプになっています。

中にはLEGOブロックが入っていて、毎日どんなLEGOブロックが入っているのか楽しみながら開けることができます。

組み立て済みですが、中にはこんなブロックが入っています。

ブロックを組み立てるのも楽しいのですが、窓を開けるということ自体が楽しいようで、うちでは窓を開ける人と組み立てる人を毎日交代でやっているようです。

なぜLEGOのアドベントカレンダーなのか

単純にLEGOが好き
アドベントカレンダーにしか入っていないLEGOブロックがある
うちではLEGOブロックを昔から愛用しています。理由は知育に良さそうだと思ったためです。
実際にレゴジャパンが2018年2月に実施した「レゴと知育の関連性に関する調査」では、東大生の68%がLEGOで遊んだことがあるという結果が出ています。
LEGOブロック自由に組み立てることができるため、集中力や創造力、イメージ力を伸ばすことに役立ったとの回答も得られています。
うちではLEGOを大量に一括買いしました。毎日積極的に遊ぶといった感じではありませんが、たまに出して色々なものを作り楽しんでいます。
そうなると追加でブロックが欲しくなるのですが、LEGOブロックは結構お値段がするのと、種類が多くて何を買えば良いのか迷ってしまいます。
そこで年に1回アドベントカレンダーを買って、ブロックを追加しているというわけです。
アドベントカレンダーは期間限定商品のためクリスマス系のブロックが多く入っています。また、毎年種類が違うためだんだんと種類が増えていきます。
様々なシリーズのLEGOブロックがありますが、今の時期に買うなら間違いなく「アドベントカレンダー」ですね。

まとめ

LEGOは知育にも良い
アドベントカレンダー限定のパーツがある
クリスマスイブまでの期間を楽しみながら過ごすことができる

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
最新情報をチェックしよう!