2回目の緊急事態宣言。今度こそ自粛太りにご用心!!

 

まっつ
2回目の緊急事態宣言が発出されました。コロナ感染防止に努め、出来るだけ不要不急の外出は控えるようにしたいですね。とはいえ、前回の緊急事態宣言の時のように、「コロナ太り」の再来は避けなければなりません。

まっつの会社では今回の緊急事態宣言でもテレワークが推奨されています。

前回の緊急事態宣言では見事なコロナ太りを遂げましたが、昨年末にダイエットを敢行し8.5kgのダイエットに成功しました。

今回はダイエットの経験を活かし、太らないように気をつけたいと思います。

関連記事

 まっつ2020年も終わりです。私は今年、ダイエットを決意し実行しました。3ヶ月のダイエットで8.5kg痩せた方法を公開します。今年も終わろうとしています。今年はコロナに始まりコロナに終わりそうです[…]

ダイエット
対策
・通勤時がなくなった時間を利用して運動し消費エネルギーをあげる

・筋トレをおこなって基礎代謝量をアップする
・通常の食事量を減らし摂取エネルギーを減らす
・Webでのパーソナルトレーニングジムに入会し運動機会を増やす

どれくらいエネルギー消費量が減るのか?

テレワークを行うと、日常の活動量が減ることになります。

普段は通勤や業務で移動することがあるのですが、単純にそれがなくなる事になりますね。

では具体的に何キロkcal消費量が減るのでしょうか?

 

エネルギー消費量(kcal)は、以下の式で表すことができます。

エネルギー消費量(kcal)=(エネルギー代謝率(RMR))×(時間)×(体重:kg)

エネルギー代謝率(RMR)は、活動に必要としたエネルギー量が基礎代謝量の何倍にあたるのか活動強度の指標となっています。

エネルギー代謝率とメッツの関係は、「RMR = 1.2 × (メッツ-1)」となります。

私の体重は85kgですので、日常生活動作から算定する「テレワークにより減少する消費エネルギー」は次の通りです。

日常生活動作メッツRMR消費エネルギー(kcal)
通勤での歩行
(30分×2)
4.03.6306
電車に乗る
(10分)
1.30.365.1
階段を上る
(10分)
8.810.44148
階段を下りる
(10分)
3.53.042.5
オフィス内歩行
(30分)
3.53.0127.5
合計629.1

体重や日常生活動作によって多少上下すると思いますが、だいたい600kcalのエネルギー消費が失われると考えてよいでしょう。

対策

「日本人の食事摂取基準」によると45歳で活動レベルが低い人は必要とする推定エネルギー量(kcal /日)は2300kcalなので、600kcalはその1 /4にあたります。

ご存知の通りダイエットの基本は「消費エネルギー>摂取エネルギー」ですので、これまでの食生活を見直すか、これまでと同じ程度の消費エネルギーを保つなどの努力が必要です。

対策
・通勤時がなくなった時間を利用して運動し消費エネルギーをあげる

・筋トレをおこなって基礎代謝量をアップする
・通常の食事量を減らし摂取エネルギーを減らす
・Webでのパーソナルトレーニングジムに入会し運動機会を増やす

いろいろと試してみて習慣化する事で、エネルギー消費量を緊急事態宣言前以上に高めることも可能です。

ぜひこの機会に取り組んでみてはいかがでしょうか。

ではまた!

関連記事

 まっつ「ダイエットに筋トレは必須ですね」とか「基礎代謝量を増やせば痩せやすい体になりますよとか聞きます。かなり緩めですが、実際に私がやっている筋トレについて紹介します。 […]

ダイエット
関連記事

 まっつ昨年は3ヶ月で8.5kg痩せた私が今年もチャレンジします。でも、ただ闇雲にやっても成果は出ないのでゆるい戦略を立てて挑みます。戦略無くして成功なし。何事も戦略が大切ですよね。これから[…]

ダイエット
まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
最新情報をチェックしよう!