ダイエット講座

ダイエット講座 「18歳〜44歳の食事について」注意点を教えます。

まっつ
今日のダイエット講座は「18歳〜44歳の食事について」です。まっつが一番失敗した時期の食生活です。こうしておけば良かった・・と思う食事を紹介します。

 

18歳〜44歳の食事の注意点は次の通りです。

・夜食を控えて、朝食をしっかりと食べる
・適度な運動と食事で体型を維持する
・主食・主菜・副菜を組み合わせる
・お酒はほどほどに・・

 

そんなのわかっとるわい!と言われる事ばかりかと思いますが、これができずに100kgオーバーのボディーが出来上がってしまうんです。

今からでも間に合います。これを読んで食生活を見直して、健康的な体型に戻していきましょう。

 

夜食を控えて、朝食をしっかりと食べる

「夜食は控えめにして、朝食をしっかり取りましょう。」なんて話すと、

「わかってる。そんなの当たり前じゃい!」と、言う声が聞こえてきそうです。

しかし、働き盛りに突入したこの時期は、仕事も忙しく、宴席の機会が増えるため帰宅が遅くなる傾向があります。帰宅が遅くなれば、コンビニで弁当などを利用することも多くなり、食生活が乱れていきます。

また、宴席のあとのラーメンや、残業後のコンビニ弁当などを食べることで、お腹がいっぱいの状態で就寝します。そのため、朝起きてもお腹が空いておらず、朝食を抜いてしまいがちです。

朝食を抜いた状態で昼食を食べると、昼食後に急激に血糖値が上昇し、余分に分泌されたインスリンが脂肪を蓄えて、あっという間に体重が増えていきます。

 

まっつも思い起こせば、残業してはコンビニで弁当、つまみ、ビールをたらふく買い込み、食べた直後に就寝という生活を繰り返していました。20歳から働き始めたのですが、体重はみるみるうちに増えていきました。

 

夜食を控えて、朝食をしっかりと食べることを意識しましょう。

 

 

適度な運動と食事で体型を維持する

社会人になるとおろそかになるのが運動です。

18歳〜25歳の青年期はまだ基礎代謝が維持されているので良いのですが、30歳を過ぎた頃から、細胞や臓器は、生理的にも機能的にも成熟から衰退の過程に入ると言われています。

30歳になるとガクッとくるよーと先輩方には言われてましたが、当時の自分は全く気をつけることなく過ごしました。その結果、太りました。

 

太ってからその体型を戻すのは大変です。気づいた時でいいんです。まずは今の体型を維持するために、適度な運動と食事で体型を維持していきましょう。

 

 

おすすめ広告

主食・主菜・副菜を組み合わせる

難しいことを言っているようですが、「コンビニ弁当+○○チキン」などという食事はやめましょうという話です。

自炊するのが一番良いのですが、忙しい世代にそんな余裕はありません。コンビニで買うのでも良いのですが、その時は少し工夫しましょう。小さな弁当とサラダや春雨スープとお惣菜など、ちょっとした工夫をするだけでいいのです。

カリウム・・野菜や果実を食べる
食物繊維・・雑穀、海藻を食べる
たんぱく質・・魚や大豆製品からも摂取する

日々の食事を気をつけることで、健康に対するリテラシーも向上していくはずです。

 

 

お酒はほどほどに・・

百薬の長と言われるお酒ですが、私の経験からいうと「飲まないですむなら、飲まない」が一番です。飲むと満腹中枢が麻痺するタイプなのか、翌朝食べた記憶がない袋が転がっていることも数多くありました。

自分をコントロールできない人は、飲まないのが一番です。

どうしても飲みたいという人は、当日飲む分だけを買うようにしましょう。余分に買い込むと、ついつい翌日の分も飲んじゃって、カロリー過多になってしまいます。

 

 

まとめ

青年期・壮年期は忙しい世代です。また、お付き合いで飲みにいくことも多く、食生活が乱れやすくなります。

忙しくても食の大切さを自覚して関心を持ち、食に対するリテラシーを高めていきましょう。

 

食に対するリテラシーが高まれば、自然とやせる生活に近づいていきますよ。

 

今からでも遅くありません。まずは現状維持が目標でも良いので、食事リテラシーを高めていきましょう!

それがダイエット成功の第一歩です。

 

ではまた!!

 

ブログ村に参加しています。
「ダイエット100kg超部門」で1位(現在2位)を目指しています。

 

 

 

 

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
ダイエット講座
最新情報をチェックしよう!