【一級建築士にチャレンジ】45歳から一級建築士合格を目指してみる企画

  • 2021年1月7日
  • 2021年2月28日
  • 雑記
  • 15view

 

 
まっつ
2級建築士に合格してから10年以上が経過しました。勉強しても暗記できないし、老眼が進んで文字が見えなくて悩む歳になりました。そろそろラストチャンスの年齢になってきましたので、勉強を継続して、一級建築士合格に向け取り組んでいきます。
一級建築士合格までTwitterなどでの応援お願いします。
一級建築士を取得するために資格学校に通うか独学で勉強する方法があります。
私の場合、すでに学校に通った経験があり、成果が出せなかった実績から資格学校に通うことは許されません。
 

そこで、過去の勉強での失敗経験や合格者の経験談を元に、使う教材と勉強法を決めてみました

使う教材一覧

建築知識ラクラク突破の一級建築士スピード学習帳2020
日建学院一級建築士過去問題集チャレンジ7 2017
建築関連法令集法令編2019
一級建築士合格戦略法規のウラ指導
TAC建築士講師室ブログ 井澤式比較暗記法
⑥アプリ「一級建築士受験対策」
⑦アプリ「SutdyPlus(スタディプラス)」

①建築知識ラクラク突破の一級建築士スピード学習帳2020

テキストは建築知識が編集している「らくらく突破の一級建築士スピード学習帳2020」にしました。

理由はボリュームと見やすさです

総○資格学院のテキストも持っているのですが、ボリュームが多すぎてやる気が出ないのです。

その点、このテキストはボリュームと内容のバランスが良い感じです。

タイトルにある「ラクラク突破」というフレーズも素敵です。

法規については過去問中心で勉強するのが効率が良いとの情報が多いので、このテキストの法規の部分は参考程度に活用する予定です。

おすすめ広告

②日建学院一級建築士過去問題集チャレンジ7 2017

7年分の過去問が掲載された問題集です。色々なものが売っていますが、問題と解答が分離していること解答に丁寧な説明がついているのでこの問題集に決めました。

なぜ2017年の物なのかについては、家にあったからです笑。

過去問なのにわざわざ買い直す必要も感じませんでした。1回転終わったら最新年度の過去問?を買います。

③建築関連法令集法令編2019 
④一級建築士合格戦略法規のウラ指導

③の法令集について、建築士の試験では法令集を試験会場に持ち込むことができます

ただし、持ち込める法令集が決まっています。5〜6社ある出版社の法令集から好きなものを選びます。

縦書き横書き、文字の種類も様々ですが、本当にお好みで良いのではないかと思います。

この法令集は毎年発刊されています。試験には受験する年の1月1日時点で施行されているものが出題されるはずです。

そのため本当は年末にかけて発刊される最新年版を使った方が良いです。

私はとりあえず家にあった2019年度版を使います。(←勉強が進めば購入するかもしれません)

④のテキストですが、実際に法規の問題を解きながら法令集に線を引いていくタイプのテキストです。一時、は購入するのが難しいほどの人気書籍でした。こちらのテキストが横書きであるため、③の法令集も横書きのものを選んでいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

建築関係法令集法令編S(令和2年版) [ 総合資格学院 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/10/10時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

第二版 一級建築士合格戦略 法規のウラ指導 [ 教育的ウラ指導 ]
価格:3520円(税込、送料無料) (2020/10/10時点)


 

TAC建築士講師室ブログ 井澤式比較暗記法

通信教育を検討している際に出会ったブログです。

このブログは実際の問題を使って、正誤の判断となる語句について解説したり、独自の暗記法を紹介してくれているところです。

また、単元別に分かれており振り返りにも使えると思います。

とても分かりやすい上に無料です。

⑥アプリ「一級建築士受験対策」

こちらは過去問が1問1答形式で出題されるアプリです。勉強の進捗や理解度の入力も可能となっており、無料アプリとしては使い勝手が良いです。

通勤で電車に乗っている時などの空き時間を利用した勉強に使います。

⑦アプリ「SutdyPlus(スタディプラス)」

勉強時間と勉強内容を記入するアプリです。記入する項目は自分でカスタマイズできますので、建築士以外にも活用可能です。

また、お友達登録ができますので、友達と勉強時間を共有することも可能です。

まぁ、今日もやったぜ感を出すために使います

勉強方法について

これ、一番悩むんですよね。そして失敗するんですよね。

毎日の勉強内容や勉強時間を決めるんですが、達成されないと翌日に持ち越され、どんどんやることが溜まっていき、いつの間にかやらない。というありふれたループを毎年繰り返しています。

初老のリハビリと考え、緩く始めていきます。

STEP1

計画・環境設備・構造(文章)・施工
教材①をただ読んでいきます。500ページくらいなので読むだけならすぐに終わると思ってます。その間に忘れていた建築士受験の勘所と単語を思い出します。合わせて⑤で知識を補完します。

法規
教材③④を使い、法令集のインデックス貼り付けとマーキングを行います。

構造(計算)
取り掛かりたくないのですが、毎年点数が取れなかった分野ですので、今年はやります。
1問/日からリハビリ始めます。

STEP2

もう、問題集に取り組んじゃます。

毎週土曜日に過去問(1〜2年分)に取り組み点数を集計します
②それをこのブログで発信します。

 →点数を公表することで恥ずかしくて「勉強しよう」となるはずです

まとめ

自分の性格を考える(過去の失敗を活かす)
合格者の体験談を読みまくり、自分に合う方法を探す
できるだけ家にある教材を使う
・毎週土曜日に過去問に取り組む

あとは過去問のテスト結果をひたすら公表し、恥ずかしさのあまり勉強するという作戦です。

今年だけで受かるとは思っていませんが、合格できるまで取り組んでいこうと思います。

皆さまの応援をお願いします。

ではまた!

 

 

まっつ
記事はいかがでしたか?
また読んでくださいね!
こちらには記事を読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。
おすすめ広告
最新情報をチェックしよう!